胃のキャパシティー

胃の活動

胃は、主に次の4つの職を担ってます。

 

①食道から送られてきたランチを一時的に蓄える。
大体、ランチがが胃に到達してから、全てのフードが十二指腸へやってくるのに、当てものにもよりますが約3瞬間から6瞬間程度の時間がかかります。

 

なので、胃に送られてきたフードを分別し、一時的にためる事で、身体に必要な栄養を優先的に送り出します。

 

元気のもととなる炭水化物などの糖質は、いち早くやってくるので、約2瞬間~3瞬間程度の時。

 

それで、肉や魚などの身体を創るのに必要な材料ですタンパク質は、約1.5ダブル~倍程度の4瞬間位の時間がかかります。

 

その取り分け、脂肪パイは一番瞬間がかかり、脂肪分を数多く取りすぎてしまうって、胃の活動を抑えられてしまい、胃がもたれてしまいます。

 

こういった一連の胃の管轄は、自律心ってホルモンにてネゴシエーションされている結果、切歯扼腕の影響を受けやすいのです。

 

寝入る直前にランチを胃に入れてしまうという、寝ている間も胃は休まずに動いてしまい、会得が悪かったりフードが残ってしまうなどのきっかけから、胸焼けなどの違和感を感じることが多いのです。

 

 

②胃の中で胃酸といった組み合わせる。
胃の中では、強烈胃酸とペプシンが分泌されます。その会得液といったフードを胃の中で組み合わせる事で、会得しやすい状態に準備します。

 

 

③胃の中で一つ会得・吸収する。
胃の中で分泌された、強烈胃酸というペプシンってフードが混ぜ合わされ、胃のぜん動エクササイズにて、栄養素を身体に体得がし易いドロドロの始末へという消化していきます。

 

その際に、お酒などのスピリッツやお薬などの元凶は一つ胃の粘膜にて体得されます。

 

昔に、ランチは良く噛んで食べなさいという学んだヤツは多いと思います。

 

その理由は、フードをかわいく噛み砕くことによって、細くなるので会得体得がされやすくなります。

 

再び、フードをよく噛むという胃酸の分泌が抑えられ胃酸過多になりづらく、胃に気がかりをかけがたくなります。

 

また、ぐっすり噛むため、唾液の分泌が拡張され、唾液に包まれるためフードが会得吸収されやすくのぼるという効果もあるのです。

 

 

④滅菌し、会得吸収したフードを十二指腸へおくる。
食べた物には、バクテリアが混じっています。そういうバクテリアを胃酸を通じて殺菌することで、身体に吸収しても平気状態に決める。

 

強烈バイ菌が居た形式、身体において酷い異物と判断された場合は、身体がリジェクトフィットを起こして嘔吐する事で、異物を体外へといった排出する事で、コントロールします。

 

 

会得のしくみ

1回のランチで、胃液は約500mlから700ml分泌されます。胃液の中には、タンパク質などを分解するペプシンや、バクテリアなどを殺菌講じる塩酸、胃の粘膜を会得液から続ける為の粘液などが含まれます。

 

また、胃酸に肉などを付けておくって、分裂され長時間後にはボロボロになってしまう。そういう状態になる胃酸が胃の中で分泌されていても、胃が大丈夫なのは、粘膜を続ける為に粘液をだしているからなのです。

 

こういう粘液が不足してしまうと、胃酸が自分の粘膜を攻撃してしまい荒れて仕舞うため、炎症を起こしたり、潰瘍を起こしてしまったり、ひどい状態になるとがんになってしまうのです。

 

パリエットTOPページへ