ピロリ細菌以外の慢性胃炎

ピロリバイ菌以外による慢性胃炎の原因

 

①過食などの偏った食べ物
脂肪分の多い食生活ばっかり食べてしまったり、通常よりも多い食生活や水ものを摂取してしまうと、胃に負担をかける結果慢性胃炎の原因にもなります。

 

また、胃に刺激のある、疎ましい品物や熱すぎる品物や、キンキンに冷えた白々しい品物、コーヒーの取り過ぎなどで胃がただれる原因となります。

 

また、交わる直前にごはんをとってあっという間に寝てしまうと、胃酸オーバーで胃に負担をかけてしまう。正しい、食べ物を心がけましょう。

 

パリエット,通販,市販,効果,副作用,即日,胃薬

 

②飲酒というタバコ
お酒を呑み過ぎると、胃の粘膜を守っている粘液が剥がれてしまう。そうなると、胃酸が直接的胃の粘膜に触れてしまうので、胃炎の原因となります。大量のお酒を浴びるように四六時中飲んでしまうと、ある程度胃の粘膜が常に荒れてしまう。

 

また、タバコをすると、ニコチンの影響で血管が収縮してしまう事で、血行が悪くなり、タバコの圧力で胃の粘膜を痛めてしまい、胃炎になりやすくなります。

 

 

③重圧
重圧は万病の過去だ。重圧が様々な原因となる場合が数多く、慢性胃炎の原因になってある。

 

チェーンするので、ストレスが溜まる→タバコのボリュームが目立ち、飲酒分量が広がる→胃が荒れ果てるといった流れにもつながり易くなります。

 

また、重圧そのものもお腹の作用を悪くしてしまい、結果的に胃炎に結びつき易くなってしまうので、注意が必要です。

 

 

④階級による年齢
慢性胃炎の数は、階級が高齢ほど、発生する確率が高くなっています。

 

お婆さんほど、生態からピロリバイ菌感染人が多いという利点も絡んでると思いますが、胃の退化が慢性胃炎の原因の1つとも考えられています。

 

 

⑤ホルモンの割合
重圧といったホルモンって自律地雷が凄まじく関連しています。ストレスが溜まるといった、ホルモンの割合がひずみ易くなる。

 

ホルモンのバランスが崩れる結果、自律地雷の異常を引き起こし、副交感神経の作用が抑えられてしまうと、胃酸の舵取りが難しくなり、食欲がなくなり、胃がもたれ慢性胃炎の原因になります。

 

パリエットTOPウェブサイトへ