逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎が起こる原因は、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)と呼ばれる部分の筋肉が緩んでしまうことが引き金だ。

 

下部食道括約筋は、ぎゅっと胃といった食道のつなぎ目の部分になります。胃の開始ですね。

 

その開始の筋肉が緩んでしまうと、蓋が開いた状態になってしまう。そうなると、逆流を防ぐためにしまっていらっしゃるはずの開始が変わりっぱなしなので、簡単に胃酸が逆流してしまう。

 

パリエット,通販,市販,効果,副作用,即日,胃薬

 

健康な状態では、下部食道括約筋は夕食などが胃に通り過ぎる時期以外は蓋を締めています。夕食が受かる時期以外は蓋を満たしいるので、胃酸が胃の外に出る事を防いでいるのです。

 

胃酸は食べたものを消化する為に、強力胃酸が夕食を溶かすほどの力をもっていますが、その胃酸から胃を続ける為に特殊な胃の粘膜にて、守られていらっしゃる。

 

ですが、不規則な食べ物や暴食、プレッシャー位がつみかさなるといった、下部食道括約筋の筋肉は徐々に緩んでしまい、蓋を奪うので、その強力胃酸が胃の外に出てしまうと、特殊な粘膜で守られていない部分は傷ついて荒れてしまう。

 

しかも、厄介なことに一度下部食道括約筋が緩んでしまうと、元に戻らないのです。蓋のない箱に、強力胃酸を抱えているので、胃酸が逆流するたびに、食道を傷つけてしまうのです。

 

なので、パリエットものの胃酸を削る薬で、治療を通して行く必要があるのです

 

完全に悪化して、下部食道括約筋が極めて作用を果たさなくなる前に、治療することが相当大切なのです。

 

パリエット,通販,市販,効果,副作用,即日,胃薬

 

胃の病の原因に変わるヘリコバクター・ピロリ菌は?

ヘリコバクター・ピロリ菌は、邦人の約5割の人の胃の中にいるバクテリアだ。一昔前までは、激しい胃酸の中で最近は住めないとされていました。

 

会社がそんな強力胃酸の中でも生き延びる事が見込める菌が居たのを1983年頃に発見されたのです。

 

こういうピロリ菌は厄介な項目に、胃の粘膜を切り落とし、胃壁の細胞をピロリ菌の毒素が傷つけてしまうのです。

 

こういうピロリ菌が、胃の壁を傷つけてしまう事で、胃炎・胃潰瘍・胃がんの主な引き金になってしまっていらっしゃる。

 

胃がんの恐怖が約20倍以上増し大腸癌なども併発する恐怖が上がってしまいます。グングン、胃潰瘍、慢性胃炎、十二指腸潰瘍などの胃の病になる恐怖が増加します。

 

パリエットTOPウェブサイトへ